• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
   こんにちは。実行委員の唐澤です。
もうすっかり街はクリスマスモードで冬の訪れを感じる今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

   さて、今年の夏、開催された第58回日米学生会議は多くの方のご支援を頂き、無事幕を閉じることができました。
   
   5月の春合宿に始まり、防衛大学校での研修を含めたその後の事前研修、直前合宿、夏の本会議、そして事後活動と、半年間行ってきた私たちの活動の集大成である報告会が12月3日に開催されます。
    
   今回は、報告会に向けて私が1年間の実行委員の活動を振り返って感じたことを少しご紹介したいと思います。私が実行委員の活動を通して得たもので一番大きなものは「出会い」です。その中でも、やはり信頼できる友人たちに出会えたことは大きな財産です。特に、日米の16人の実行委員は、私にとって掛け替えのない存在です。16人もいれば全ての人と波長があるということは難しく、長い時間過ごし、議論を重ねれば、お互いの良い面も嫌な面も見えてくるのは当然だと思います。しかし、今年の会議を成功させるという共通の目標を持つ私たちは、問題があったらそれを解決するという強い意思を持ち、互いから逃げようとはしませんでした。
   時には議論が何時間にも及び、なぜここまでするのかと思ったこともありました。しかし、互いに互いから目をそらさず、逃げずに向き合うことが本当の意味での信頼関係醸成につながり、相互理解への一歩となるのだと実感することができました。
  「相互理解を深める」ー日米学生会議のミッションのひとつである相互理解ですが、日米学生会議は、一体何をもって相互理解というのか、その難しさとそれに挑戦する動機を与えてくれる場でもありました。
  苦楽をともにし、時には親友であり、時にはライバルであり、時には家族のようでもある、そいう友人たちに出会え、共通の目標に向かって頑張れたことが私の誇りです。
   1934年の創立時と比べると、日米関係が友好であり、世界情勢も大きく異なる現代において、会議を続ける意義があるのかというご意見もあると思います。これに関連して、学生会議の意義とは何かというテーマについて、ワシントンDCで外交官の夫について日本に何年も住んでいたご婦人とお話する機会がありました。彼女は会議の参加者ではありませんが、「学生会議の成果というのは長期的で目に見えずらいのでしょう。だからと言って意味がないと誰がいえるのでしょうか。会議の最大の成果は、あなた方の今後の将来であり、あなた方の間で育った友情であるのかもしれません。」と仰っていたのが印象的です。
  以前、他の実行委員が言った言葉に「ひと夏が一生になる」というものがありました。会議が終わった後でも、継続する日米間の友情を目の当たりにすると、会議の終わりが始まりであるという言葉が思い出されます。と同時に、ワシントンDCでの彼女の言葉を思い出し、身が引き締まる思いがします。
  報告会では、1934年とは変化した世界情勢の中で、日米の72名の学生が2006年の夏、どのような問題意識を持ち、何を考え、どのような答えに辿りついたのか、を示すことができたらと思います。
  途中入退室自由ですので、お気軽に起こし頂けたら幸いです。

報告会の詳細&お申し込みはこちら


担当:  実行委員 唐澤 由佳
       



GE.jpg

ECP.jpg

page top
10月31日有楽町のFCCJ(外国特派員協会)で、2nd U.S.-Japan Youth Forumが開催された。

日米協会、JASC JAPAN、日米教育委員会(フルブライト)の三者共催。

高円宮妃殿下もいらっしゃり、出席者120名超と大盛況だった。



テーマはreconciliation(和解問題)。

東京裁判、広島・長崎とアメリカ国内での原爆像、戦争責任と靖国問題、そして移民。

Q&Aではイスラエルとアラブ諸国との関係、そしてイランにまで話は展開した。



世の中で重要なことの多くは、

まったく希望がないように思えたときでも試行錯誤を続けた人々によって成し遂げられてきた。

  デール・カーネギー



そう。絶望的に思える時こそ、

考えなくてはならない。

動かなくてはならない。



日米学生会議の創立は、まさにそんな精神に支えられていた。

満州事変が起こったからこそ、アメリカ人の学生と話さなくてはならない。

そして生まれた理念。



世界の平和は太平洋にあり、太平洋の平和は日米間の平和にある。

その一翼を学生も担うべきである。



そして来年、この会議は第59回目を迎える。

by 井上 裕太
page top
CATEGORY : 58thJASC実行委員会コラム
グローバルフェスタ IN 日比谷公園
DATE : 2006-10-19-Thu  Trackback 0  Comment 2
9月30日土曜日、日比谷公園で開催されたグローバルフェスタに、ふぃりっぷズを引き連れて参加した。参加メンバーは、ゆうた、ゆき、りゅうすけ、ましゅー、ゆういちろう(全員58thJASCer)だ。
ちょっと男子比率が高い。

本番は夕方の16時から17時くらいまで。日米学生会議も参加しているYDPネットワークがブースを確保し、加盟学生団体に場所を提供して頂いた。

はじめは、プレゼンテーションをすることになるのかなと考えていたが、グローバルフェスタの雰囲気が、食あり、音楽あり、おいしいものありで予想以上にお祭りっぽかったので、急遽、予定変更で、とにかく5人でチラシを配って、団体の説明をすることにした。

すごくいい意味で驚いたことが二つあった。

一つ目は、1,2年生にも関わらず、本当にみんな熱心に何かやりたいと思って、その何かを探しにグローバルフェスタに足を運んでいることだ。しかも夏休みも終わろうとしている9月末の土曜日に。熱心に話を耳を傾けてくれ、また質問もしてくれる姿に、3,4年と学生団体に身を投じてきたものとして、少し嬉しくなった。と、同時に1、2年生時には何も考えずにバスケと飲み会と旅行に多くの時間を割いていた自分との違いに少し感心してしまった。

二つ目は、ぼくのバイトの先輩で同じ大学でアイセックに携わっていた先輩がいるのだが、その同期のアイセックの先輩に、偶然にもグローバルフェスタの会場でお会いしたことだ。本当に世界って狭いなと感じるとともに、同じように活動している同校出身の仲間に東京で会えたことが嬉しいサプライズだった。

そんな嬉しいサプライズとともに、5人で約150枚のチラシを配り、そして初めて会った学生と語りながらぼくらのグローバルフェスタは無事に終わった。

それから、りゅうすけ、ゆきとスタバ、ラーメン屋とはしごしながら、将来や就職活動について語った。学生会議が終わって約一ヶ月。本会議が終わってしまったが、ふと立ち寄ったカフェで始まる会話、議論。ぼくらの会議はまだ終わっていないような、懐かしさを感じた。

夜は、実行委員長のゆうたがなんと9月30日が誕生日だったので、相変わらず参宮橋の庄屋に集まって飲んだ。本会議以来のやつ、なんかしょっちゅう会っているやつ。こんな飲み会が今後も続いていってほしい。

二日後に神戸で内定式が迫っていたので、この日は、酔いを纏いながら夜行バスで帰った。

充実した一日だった。

文責:第58回日米学生会議実行委員 山田裕一朗


グローバルフェスタにて



グローバルフェスタにて2

page top
CATEGORY : 58thJASC実行委員会コラム
アメリカンセンター講座のお知らせ
DATE : 2006-02-24-Fri  Trackback 0  Comment 0
こんにちは!実行委員の生板です☆
皆さん、お元気ですか?いつもこのブログを読んでくださり、ありがとうございます('-^*)/

私は昨日、アメリカンセンターに遊びに行ってきました!今回は、新シリーズ「映像でみるアメリカ社会」の第一弾で、今月はNational African American History Monthということもあり、「Eyes On The Prize」 (邦題:勝利を見すえて)という番組を通して考えるアメリカの公民権運動とその時代について講師の方(マーク・L.ショウ(Marc L. Shaw) アメリカ大使館政治部書記官)からお話を伺いました。

なんと、開発:貧困と発展の分科会リーダー国松にばったり会いました(笑)。熱心ですね~彼は。講座には沢山の人がいらして、映像を見ながら実話を聞き、ポップコーンも用意してとっても盛り上がりましたよ♪質問された方もとても熱心。宗教、軍隊、オリンピックなどさまざまな視点からとても興味深いディスカッションが行われました。8時半過ぎまでショウ氏とお話をされる方も沢山いらして、とても良い時間でした☆★

私は最近、「ミュンヘン」という大変話題になっている映画を観ました。そしてその後すぐにこの講座に行ったので、多くのことを考えさせられました。(映画をまだご覧になっていない方はオススメですよ!)アメリカでは小学校から高校を卒業するまで黒人の歴史については何度も何度も学んだので、懐かしく思いましたが、日本ではあまり教えられていないということを昨日初めて知りました。

ショウ氏がおっしゃったことでとても印象に残ったことは、「相互理解を促進させ、差別や偏見をなくすには、インターアクションしかない!」ということです。当たり前のことかもしれませんが、本当にそうだと思いました。そのためにJASCがあるのです(笑)!「アメリカ人」はこうである、という固定観念はないですか?実際にアメリカに行って、私たちの目で確かめましょう☆

ショウ氏は、黒人もここまでステータスを上げるのに、400年掛かったとおっしゃっていました。奴隷制度がまだあったころ勇気ある奴隷が逃げ出し、それを回りがだんだんサポートするようになり、マーティン・ルーサー・キング牧師が公民権運動を引っ張り、今があるのです。JASCがしていることは地道かもしれませんが、伝統を続けることが微力ながらも日米間の平和に寄与しているのだと思います。ショウ氏は、黒人は団結し公民権運動を支持する人が何万といたからここまでこれたとおっしゃっていました。しかし、ネイティブアメリカンのように、小さな土地に追いやられ活発に活動することさえできないグループもまだまだアメリカには存在します。ショウ氏いわく、内から(彼らが)声を出さないと外からのプッシュだけでは注目を集めるのにはあまり効果的ではないそうです。もちろん、外からのヘルプも必要ですが。

8月の第2週目に私たちはオクラホマ州を訪れ、ローカルインディアンたちと時間を過ごします。私たちはどれだけ彼らの声に真剣に耳を傾け、
何かアクションを起こせるでしょうか?彼らに声を出す勇気を与えることができるのでしょうか?オクラホマに期待しましょう!(自分が企画に携わっているからって・・・笑)

さて、告知の時間です!
来週の月曜日27日はいつもの「現代アメリカ基礎講座」の第18弾です!テーマは「人権」。ホットなトピックですね!詳細・インビテーションは以下の通りです:
◆ 日 時: 2月27日(月)17:00 - 19:00
◆ 場 所: 東京アメリカンセンター・ホール (港区芝公園 2-6-3 ABC会館10階) 地図  http://japan.usembassy.gov/j/amc/tamcj-map.html 
◆ 講師: ジェフリー・M.・ジェイムソン Jeffrey M. Jamison (東京アメリカンセンター館長)
人権の保護はアメリカ合衆国の礎であり、アメリカの重要外交課題のひとつでもあります。人権を持つことは、法を守り、犯罪や汚職に立ち向かい、安定した平和や民主主義を確実にすることにつながります。今回の講座では、これまで世界各地で人権問題がどのように話し合われ、人権の尊重を促進するために、アメリカ政府がどのような活動を行ってきたかについて、2002年から2年間、国務省民主主義・人権・労働局に在職していた、アメリカンセンター館長がお話しします。 (同時通訳つき) ぜひ質問等をご準備の上、ご参加ください。

参加ご希望の方は下欄にご記入の上、ご返信ください。 またメール(TACRS@state.gov)や資料室のウェブサイトhttp://japan.usembassy.gov/j/amc/tamcj-basicusa-invite18.html からも、申し込みを受け付けております。 

ふりがな:
氏 名:
学校名あるいは勤務先:(何学年かもよろしければ)
Email (PC)

*****

長くなりましたが、皆さんのご応募をお待ちしています!!
page top
こんにちわ。
またまた登場の国松です。

今回は“JASCって?JASCerって?”をテーマに小1時間ばかり話させていただきます。

「一ヶ月間も共同生活をするのって大変じゃない?」
「プライベートな時間はあるの?」

参加を考えていらっしゃるみなさんは、期待と同時に様々な不安を抱えていらっしゃると思います。
結論から言えば、本会議中はプライベートな時間はほとんどありませんし、共同生活が苦手な人にとっては苦しい時期もあると思います。
かく言う私も実は共同生活が大の苦手。57回会議ではとても苦労しました。
でも今思えば、そのような苦しみがあるからこそ 『本当の自分とは何者か』 が見えてくるような気がします。
普段自分が考えていた『私』と、他人が感じとっていた『私』は全く違う人間でした。いくら「私はこういう人間だ」と言っても、客観的に見た『私』が異なるならば、それは後者の方がより本当の『私』に近いのかもしれません。
このような経験から、集団の中での自分の身の処し方みたいなものが自然と身についたような気がします。
そして現在就職活動をするにあたり、この他者の目から見た自己分析のようなものが非常に役に立っております。
何だかわけのわからない文章になってしまいましたが、一ヶ月間共に生活することによって本当に強い絆で結ばれるのは間違いないです。
ですから早く皆さんとお会いして、一緒に58回会議を創り上げていくのが待ち遠しい今日この頃です。
page top
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。