• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
10月14日(土)、徹夜や明けでプレゼンテーションを完成させ、今年から始まった『学生団体甲子園2006』に参加しました

ぼく自身は残念ながら同時間帯に、大学内でゼミの卒論中間報告プレゼンがあったのでワークショップなどはでれなかったので、団体のプレゼンテーション以降に参加しました。

【思ったことが三点ほど。】

・自分たちを含めて、東京に本拠地を置く団体も多い。(特に国際系)
・京都の独自性を生かした活動もあった。理念もいいし、かっこいい活動をしている。
・各団体けっこうイベントの宣伝をしていた。(つまり頻繁にイベントを実施している。)

このように感じたなんでもないことの中に次の活動へのヒントも多いのではと思います。

【人に伝える】

でも人に伝える(プレゼン)ってやっぱ難しいなとも、自分がプレゼンをしたときも、逆にプレゼンを見たときもともに感じました。パワポだけが完成度が高くてもだめだし、もちろん発表(=声)だけに頼ってもいまいち響かないものになってしまう。
何がもっとも効果的に人の心を打つんだろう。とそんなこともう少し考えてみたいと思った。

【社会人(=審査員)の方々の一言集】

それはさておき、11月12日の次回に進出する団体が発表された後に、審査員として加わっていた社会人の方がそれぞれいい事をおっしゃっていたのでここで紹介して結びたいと思います。

「今日感じたことは、人と人のつながりとネットワークです。これから私もつながりとはなんぞやを勉強したい。」
岡崎義弘さま (社会教育NPO STUDYUNION 事務局長)

「人づくりを大切にしていってほしい。今日の出会い、触れ合いを大切にしてほしい。それからぜひ八幡市にも学生の協力をお願いします。」 小北幸博さま(八幡市議会議員)

「それぞれの団体でプレゼンも、活動も磨いていってください。関西の活動を一緒に盛り上げていきましょう。」
中村憲和さま (NPO法人jaee インターシップコーディネーター)

「大学時代抱いた教師への思いを忘れずに。(教育系の団体へ)それから自分のやりたいことを貫いて思いっきり楽しい学生生活を。」
柳本周介さま (オフィスビギン代表&将来塾塾長)


次回、「学生団体甲子園2006」
11月12日(日) 13:00~18:05
@同志社大学 今出川キャンパス 寒梅館 ハーディーホール

文責:山田 裕一朗





学生団体甲子園2

スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。