• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
この日JASCersはホストファミリーと共にFirst Baptist Church of Moore, St. Thomas More Catholic Church & Student Center, St. John Missionary Baptist Church, New Life Bible Churchの四つの教会に分かれ、午前中のサービスに参加した。私はBuddyと共にNew Life Bible Churchを訪れ、ここでの体験は私の教会のイメージを大きく変えるものとなった。
“For people who thought they’d never like church(教会を好きになれないと思っていた人のために)”というモットーを掲げるNew Lifeでは、朝の11時頃からサービスが始まる。服装は自由であり、多くの人は半ズボンにTシャツ、靴はサンダルを履いている人が多い。講堂に入ると前のステージでは教会のロックバンドがポップな音楽を演奏し、皆立ってリズムに手を合わせながら、体を揺らせて歌っていた。一時間のサービスのほとんどは、こうして皆で歌を歌うのだが、途中で10分程のドラマが組み込まれている。これは子供から大人のボランティアの方が毎週一緒に演じており、毎週の聖書のverseをより身近に感じられるように、私達の生活の中の例おもしろおかしく、時には感動的に描かれているのである。サービスの後は、皆で持ち寄った食べ物を分け合い、一緒にお昼を食べた。初めて出会う人もお互いを笑顔で迎え、「こんにちは。お元気ですか。」と声をかけていたのがとても印象的だった。また、サービスの始めに「今日は日米学生会議からのお友達もWelcome!!」と大きな拍手で迎えて下さったことも印象に残っている。
New Lifeでは自由さ、そして聖書をいかに自分の生活に結び付けて考えられるか、更にはコミュニティーの大切さが強調されていたように思う。めまぐるしく変化し、忙しさに追われる現代、このような自分に合った関わり方を選べ、自分の生活と結びつけやすい形式のサービスを行う、新しいタイプの教会が益々主流になってくるのだろうと感じた。
文責:廣瀬裕子
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。