• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 本会議日記
8月2日 グラウンドゼロ・国連訪問、そして
DATE : 2006-08-02-Wed  Trackback 0  Comment 2
 今日はグラウンドゼロ・国連訪問の後にワシントンDCへ移動を行った1日だった。グラウンドゼロは、高層ビル群に平然と存在していた。現在は記念館を建設するための工事が進行中で、遠くから見るとそこが単なる大都会の中の工事現場の1つに見えたことに、違和感を覚えた。現場に近寄ってみると、工事中のフェンスの周りには、9月11日にアメリカで何が起きたのかを時系列に従って詳しく説明するプレートと、被害に遭った方たちの名前を並べたプレートが掲げられていた。9月11日の時系列のプレートを見ていると、アメリカ人参加者の「あのとき自分は~をしていた」という会話が聞こえてきて、ワールドトレードセンターが崩壊した瞬間、自分がどこで誰と何をしていたかを今でも鮮明に覚えている人や、後から知ったのだが、未だにグラウンドゼロの場に立つのは辛すぎると、訪問を避けた人がいたことを知った。また、被害に遭った方たちの名前は、「Hero」としてプレートに掲げられていて、そのHeroという言葉の解釈について深く考えることとなった。9.11がアメリカに与えた影響について深く考える一日となった。
文責:笠井 寛子
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
承認待ちコメント
| | 2007-12-12-Wed 10:18 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
| | 2007-12-13-Thu 19:48 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。