• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 本会議日記
8月19日、サンフランシスコ
DATE : 2006-08-19-Sat  Trackback 0  Comment 1
今日の予定は、午前は次期実行委員(EC: Executive Committee)を決める選挙。午後は、選挙で選ばれた新実行委員は早速夜まで来年の59thJASCについてのミーティング。そのほかの人たちはフリータイム。

はじめに言うと、自分は運良くECに選出されたので、午後以降はそのことを以下に記そうと思う。この日は朝はECのelection。仕組みはこう。当日までの朝8時までに、候補者名簿に名前のあったものが皆の前でこの日、スピーチと質疑応答をする。他のJASCerはそれに基づき次期ECに相応しいものの名前を投票する。そして投票の結果、数の多い者から8名が当選する。候補者名簿には誰が誰の名前を書いても良い。自薦他薦問わずということである。ちなみに自分の場合は他薦。もちろんスピーチの準備もしたし、興味はありつつ悩んでいたのだが、最後は他薦してくれた後、やはり自分から降りることができなくなったし、したくなくなった。でも自分の場合だけ、シートに本名でなくニックネームだけ書かれていて、当日の司会でアメリカ側委員長のシーアンを困らせてしまった。

当日のサインアップ締め切りまで多くのJASCerが悩んでいた。一ヶ月が過ぎて、多くのことを経験したからこそ、ECをやってみたい、興味があるという58th参加者は多かった。ECは実りあるかつ楽しい仕事。しかし、それには物理的精神的に重いもの、そして責任あるものだとみんなわかっていたからだった。悩んだ挙句、アプライをあきらめたりしなかったもの、そして挑戦したものいろいろいた。そんな58の皆にとってこの数日の出来事だけでもまた大きなものだったと感じる。当選する者がいるということは、思いがありながらもECという形でJASCに接する事が出来ない人も当然いる。それが何を示すのか選ぶ側も選ばれた側も常に考えていくべきかもしれない。

お昼はケータリング。食後に部屋を移動して今度は時期ECの発表があった。アメリカ側8人、日本側8人。決定したらすぐさま壇上で軽いお披露目。ここで自分たちは初めて”ECs!”と呼ばれた。正直実感は半分。わくわくもするけど、結果が出た直後なので少し複雑でもあった。

実はこの建物は性的に多様性のある人のコミュニティセンターだった。また貴重な体験をした。さすがSF。ありがとうAEC!特にジェフ。翌日は新ECは1日ミーティング、他の人たちはフリーだった。彼らの中にはゲイタウンとしても有名なカストロ地区へ行ったものも多いいみたい。もっとすごい体験をしたそうな…
この日のミーティングはそこまで紛糾することもなく、比較的テンポ良く進み22時にはホステルに帰れた。16人ホントにいい奴ら、面白い奴らが集まった。帰ったらみんなそれぞれ気ままに過ごす。そういってもSFサイトだけでなく、the 58th JASC全体がもう少しで終わる。どれだけの涙が待っているのだろう。それが頭にありながらも、思い思いに楽しく過ごした。自分はというと、確か飲みに行った。近くのスポーツバーによってからアイリッシュバーで飲んだ。最後はラーメンがメインの日本料理店で熱燗やラーメンや。ここはSF初日にたまたま寄ってイチローに会えた場所。それからもなんだかんだ行って毎日通ってしまった。でも、その話は、また別の場所で。
文責:安田雅治
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
OB | URL | 2006-09-25-Mon 11:02 [EDIT]
自分の場合も、EC Electionの当日は眠れずにいて、
またその瞬間も忘れえぬものになりました

足を踏み出す勇気も、
踏み出さない勇気も大事だけど
選ばれたからには、まず
チームワークを大事に
頑張ってください!

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。