• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アジア開発銀行勉強会報告書                   
文責:青山泰司
  
日時:2006年6月23日
場所:アジア開発銀行経済研究所 

概略
 国際援助機関としてのアジア開発銀行における「開発と貧困」に対する、取り組みを伺った.特に、新たな可能性として、NGOとのコラボレーションの事例について解説していただいた.講師をしてくださったのは、アジア開発銀行経済研究所の中井倫太郎さん。政府機関からの出向できておられ、主に途上国における「水」問題のリサーチをしておられる方でした.
 
感想
 事前にレジュメを作ってのレクチャーや、事後にもメールで質問の回答を頂くなど、私たちのために大変時間を割いてくださり、理解を深めることができた.印象的だったのは、アジア開発銀行といえば援助に携わる国際機関として一般に認知されているが、国際関係上の政治力学にその存立を大きく規律されているという点だ.アジア問題に積極的に関与したいアメリカと、地域のリーダーとして振る舞いたい日本が同率出資していることからも伺われる.しかし、このような外在的な要因を抜きにして、どうすれば効率的で実効性のある援助を行うことができるかということが問題だと以前からおっしゃっておられ、ただ資金だけでなく、「人を救い助ける」というとても人間的な行為をルールや制約の中で実現していく。本当に、本当に難しいことだ。
 
 さいごに、参加者からの質問にごまかすことなく、正直にお答えくださった中井さんに深く御礼申し上げたい.

担当者:第58回日米学生会議参加者 青山 泰司
ADB訪問写真

スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。