• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
こんにちは!実行委員の唐澤です。

早いもので6月も最後の週ですね。

あと1ヶ月もすれば夏休み、そして私達は、日米学生会議の本会議のために渡米します。
日本での残された準備期間を最大限に活用し、頑張って行きたいです。

さてさて、今回は、6月24・25日に青少年オリンピックセンターで行われましたYDP Japan 2006についてご報告したいと思います。

YDP Japan Networkは、グローバルな課題にユースの視点から取り組むユース団体の包括的で緩やかなネットワークです。現在、北海道から九州まで日本各地から、様々な課題に取り組む53のユース団体が加盟しています。(YDPホームページより抜粋→http://www.ydpjapan.net/

今回行われたYDP Japan 2006では様々な団体が集まり、
①ユース団体が地球的な課題の解決のために果たしうる役割を知る。
②コミュニティの果たす役割を明確にし、オーナーシップを強化する。
③ユース同士が出会い、刺激しあう場を提供する。
④具体的な協同事業や行動のインタラクションの場にするミーティングを行う。
などを目的としています。

今回は波多野さんと山田君、また他団体の代表としてECPの安田君と一緒に参加してきました。

私は初めて参加したのですが、「ユースによる市民参加」について、活動も分野も異なる様々な団体の代表者と話合うことで、とても刺激を受けました。
皆で話し合った、「ユースだからできることは何か」「ユースの強みは何か」を持ち帰り、「日米学生会議だからこそできることは何か」、を模索し続けたいと思います。

普段は中々接点がない、地方の団体の活動を知ることができたことも、大変勉強になりました。
特にBest Practice Awards(YDP設立からの1年間で、今後のモデルケースとなるような活動やプロジェクトを紹介し、特に優れたものを表彰する企画)で紹介されたプロジェクトは、どれもそれぞれの団体の特性やユースの強みを活かしたもので、とても参考になりました。

充実した2日間であっというまに過ぎてしまいましたが、
今回お知り合いになった方々との出会いを大切にしていきたいです。

YDPの詳細に関しては、YDPホームページや今後の報告書をご覧下さい。

最後になりましたが、講師の方々、スタッフの皆様に御礼を申し上げます。

担当者:第58回日米学生会議実行委員 唐澤由佳
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
関西学院大学 クラブ ジョーディーの裕福な医者の娘
関西学院大学 | URL | 2007-04-07-Sat 22:11 [EDIT]
下記の関西学院大学の国際交流・国際協力支援団体 クラブ ジョーディー(CLUB GEORDIE)
の裕福な医者の娘さんは、
日頃はブランド物を重装備してボルボを乗り回したりしておりますが、
貧困問題や難民問題に関する活動を行うときは きちんと地味な格好を装っている
たいへん良識ある女性です。
また、高橋の愛ちゃんらの陰口を言いふらして追い詰めていた たいへん心優しい女性です。

★TPOに合わせてブランド物と地味な格好を使い分けているか、みんなで注目しましょう!
★人の陰口を言っているか、みんなで注目しましょう!!




> 関西学院大学 クラブ ジョーディー副代表:原田摩耶(病院勤務)

関西学院大学 クラブ ジョーディーHP http://www.club-geordie.com/dantaigaiyou.html
原田整形外科HP http://www.hh.iij4u.or.jp/~ryhara/

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。