• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
7月7日 マガジンハウスOG訪問  
 
「文化」的視点からみた感想
 
 昭和60年に売られた『平凡PUNCH』で「かっこいい韓国」を特集したことについての話が一番興味深かった。第29回のJASCで知り合ったアメリカ人が韓国について勉強していたことがきっかけとなって、船山さんは韓国へ遊びに行くことになった。今でこそ「韓流ブーム」と言われ、すっかり日本人の間で韓国文化が人気を博しているが、当時の軍政下の韓国は、まだまだ怖い国というイメージが強かったという。実際韓国に行っても、日本からの観光客は買春目当ての中年男性ばかりが目立っていた。

 しかし、彼女は韓国の本当の魅力をどうにかして伝えたいと思い、出版をしたいと熱望した。当時知られざる韓国の魅力的な文化を紹介した雑誌は大ヒット。韓国のイメージが変わっていくきっかけのひとつだったのかもしれない。JASCでの出会いがきっかけとなり、雑誌という媒体を通して韓国という国のイメージを変え、韓国をより身近で魅力的な存在へと変えていった瞬間であろう。

 それも当時の彼女の「勇敢な第一歩」があったからこそ開けていった道なのだと思う。既存の考え方にとらわれず、新しい関係構築に向けて自分なりの第一歩を踏み出そうという気持ちは、多くのJASC参加者に通じるものがあるのではないだろうか。


個人的感想

 残るのは人間関係。

 29年前のJASCという経験が今の彼女にとって、どのような形で残っているか。毎年1,2回行われるという「読書会」という形で定期的に今でもコンタクトをとる仲間が残っているという。どんなに濃い一か月を送ろうとも、その記憶自体は時が経つごとに色あせていくのかもしれない。

 しかし、最後に残るのは「人」である。同じ場所で同じ時を熱く過ごした仲間と、何十年後も集まって話せる機会があるということが非常に大きな価値のあることではなかろうか。

担当者:第58回日米学生会議参加者 大原 学


第4回JASCerOB/OGインタビュー
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。