• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : キャシー中国留学レポ
中国人の政治・社会主義に対する考え方☆その2☆
DATE : 2006-05-09-Tue  Trackback 0  Comment 0
現在中国人の学生は政治に関心を持っている人もいますが、多くの学生はあまり関心を持っていません。(上海だからという理由もあるかもしれませんが)

私は政治の話をしたがるので(笑)そのたびに多くの友達に「何でそんなに興味あるの?」と聞かれます。

なぜ興味を持っていないのか??
「政治は一部の統治者が行うものであり、一般庶民は関係がないものである」

このような社会主義を正当化した考え方を持っていることが大きな理由と考えられます。

「誰がトップになっても結果は同じ。国を良くしようと思って行動してくれるのだから。」

「結局政治は権力闘争。庶民には関係ない。」

「国民全員に選挙権を与えても、国民全員に国民の代表を選択できる力があるとは思えない。中国は人口が多いから無理だし。日本だって選挙権持っていても投票率は低いし政治に関心を持っている人だって少ないでしょ?」

色々な意見を持った人がいますが共通して言えるのは上で述べたような考えを多くの人が持っているということです。

そして私たちが考える

「国民が国民の代表を選ぶ権利があることが重要」

という民主主義的考えに対して、中国人にどう思うか尋ねたところ、中国人の多くは自分たちがそのような権利を持っていない、ということにさえ気づいていないのだ、と言っていました。

「社会主義には社会主義の良さがある。民主主義には民主主義の良さがある。多くの中国人が今の政党が壊れたら民主主義が訪れると考えている。」

これも多くの友達から聞いた意見です。

「それは何年後?」

と聞くとみな口をつぐみわからない、と言います。無理やり聞くと大体

「50年後から100年後くらい」と答えます。

「中国は歴史上常に政権交代を繰り返してきた。皇帝もいつかは滅びる。今の共産党もいつまでも続く保障はない、いつか終わりが来る」

中国に来て、社会主義の良さを多くの中国人から学んだ気がします(笑)
そして非常に感じるのが教育の力って大きいということです。私たちは民主主義が正しいと当たり前に思っていて、中国人の多くは社会主義が中国には合っていると思っている。(もちろん民主主義を否定しているわけではない)

そうは言っても多くの人が中国は社会主義だが資本主義社会だと感じており、それは教育面にも変化をもたらしています。
次回は現在の政治学の授業の中身が以前と現在とどのように変化したのか簡単に紹介したいと思います!!
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。