• 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
一年間、様々な方に支えて頂きながら、第58回日米学生会議の事後活動がフィナーレを迎えようとしています。

一年間、実行委員として会議に関わった感想を、以下に述べたいと思います。

結論から先に述べると、日米の実行委員16名で会議を企画運営するというものは、なかなか面白い体験です。

私はそれまで音楽やスポーツ、そしてスピーチなど個人主義的な活動に関わることが多かったので、新鮮な体験でした。特に日本側の8人との実行委員は、多くの時間を共有しました。理念合宿や選考合宿で朝も晩も一緒にいたり、発送作業などで一日中一緒にいることもあります。その中で、一緒に会議を作り上げていくので、衝突や摩擦もあります。けれども、それは私たちが良い会議を作りたいという想いのもとに、納得の行くまで議論をしていることの表れだと思うのです。そして、一緒に会議を作っていくわけですから、衝突があっても自分からも、皆からも逃げれません。そういう状況を一緒に経験するからこそ、実行委員間で固い信頼関係が成立するのだと思います。

そういう意味で、ここまで1つの目的のもとに、16人と活動できたのは、私の誇りであり、今後の人生において大きな糧となるでしょう。

実行委員の仲間からは、学ぶことが多かったです。それは手紙や時間表の作り方などの実務的な面であったり、紛争解決の方法であったり、ユーモアや優しさというソフトな面でもあったりします。文章では表せないぐらい、皆には感謝しています。

日米学生会議において、学生として何ができるか、というのも繰り返される問いかけでもありました。日米学生会議の創立から72年後、72人の学生がこの夏、何を想い、何を考え、何を実行してきたのか、12月3日の報告会で見ていただければ幸いです。

******************

以下、報告書の感想文を抜粋させて頂きます:

一年間のJASCを通じて学んだことはたくさんあるが、自分の未熟さをより理解することができたというのが一番重要で大きな発見であろう。

『10人を変えることができなければ、100人を変えることができない。
100人、1000人を変えることができなければ、社会は変わらない。』

という格言を私は信じきっていた。1934年、日米学生会議の創設者たちも、まずは自分たちのできる範囲で日米の学生の相互理解を深めることで、学生、そして社会を変えていこうという理念でアメリカに渡ったのであろう。誤解を恐れずに言えば、日米学生会議も人を成長させる1つの人材教育機関として、その企画・運営に関わることができることに喜びと使命感を感じていた。自分は何と傲慢だったことか。1つ重要なことを見逃していた。上記格言は一部真なのだが、補足ないし訂正が必要である:

『自分を変えることができなければ、他人も社会も変えられない。
自分を知ることができなければ、自分も変えられない。』

そして、日米学生会議は自分をより良く理解し、変える大きなきっかけとなった。

日米学生会議が創設された1934年から2006年まで、世界平和は一度も訪れたことがない。軍事技術の進化などで戦争・紛争・テロなどで死ぬ人数は20世紀前半と比べると格段に増えている。

けれども、同時に私たちは着実に一歩を踏み出している。61年前まで殺し合いをしていた国の若者たちが、一ヶ月を寝食を共にしている。寝食を共にするだけでなく、一緒に歌ったり、ドッジボールをしたり、飲んだりしている。米軍再編とイラク戦争について議論し、一緒にグラウンドゼロを見て、一緒に泣いたり笑ったりしている。議論に議論を重ねて、一緒に会議を企画運営している。一ヶ月間自分と他者を見つめることで、成長していく。希望の灯火が次の代へと受け継がれ、日米学生会議を経験した人たちが、社会に羽ばたいて行く。

このような未来に向かう歴史の積み重ねを絶やさないことが、一番大事なのではないか。財務活動などを通じて、安定している日米間で会議を開催することの意義を疑問視する声も聞いたが、安定していると言われる時だからこそ、気を抜かないで日米間の結束ないし協力関係を促進する意義があるのだと思う。そして、そのためにはまず自国のこと、そして自分のことを知り、自分から変えて行くことが重要だと思う。

担当:副実行委員長 島村明子
スポンサーサイト
page top
CATEGORY : 58thJASC
報告会カウントダウンVol.5
DATE : 2006-12-01-Fri  Trackback 1  Comment 0
どうも、実行委員の井上雅章です。

思えば一年間、飛ぶ様に過ぎて行きました。
現在、第58回会議最後に発足した第59回会議実行委員会(初々しい!)が来年の企画に一生懸命ですが、彼らからちょこちょこ質問を受けるたびに、「そういえばそんな書類あったな~」とか、「そうそう、俺もそれ困ったんだよね」とかって思います。
一年前俺達も彼らと同じことやってたんだな~、とか思って初めて、俺達は一年も実行委員生活やったんだなって実感が湧いてきて・・・・。
思えば本当に早い一年だった、と。

未だに、一参加者として、実行委員として、二度参加した日米学生会議という企画が自分にとってなんだったのか、うまく言葉には纏められません。一参加者としてjoinした第57回ではただただ他の参加者に圧倒されて、実行委員として参加した第58回では、「これはうまくいった!」と思える仕事もあれば、他のみんなに迷惑かけっぱなしだった仕事もいっぱいあったり。終わってみれば本当に盛りだくさん、思い出いっぱいだったと思います。

自分が他の実行委員とちょっと違うのは、日常生活ではJASCのような、いわゆる人文系の企画や勉強に触れていないこと。
普段何やってるかというと、流体力学という工学の一分野で修士学生として研究してます。

いやぁもう、苦労しましたよ、切り替えに。

昼間やってたのは、エンジンの中を凄いスピードですっ飛んでる燃料の粒の直径がいくらだとか、速さがどんぐらいだとか、位置がどうだとか、パルスレーザーとCCDカメラで測ること。

そんな環境ですので、近くの友人に「太平洋の平和は日米間の平和にある!」とか言っても「はァ?」って感じのリアクションが返ってくるだけで、昼間は、「俺が夜やってるJASCって企画は、いったい何の意味があって如何ほどの実体を持っているんだろうか」と思い、逆に夜は「俺が昼間やってる噴霧液滴の計測は、社会にいったいどれほどの価値を生み出すんだろう」とかって思うわけで。スケールも対象も全く別種の物事を同時に扱うのは、あんまり割り切り&切り替えの得意じゃない自分には正直かなり辛い生活でもありました。

そんな私が一年やってこれたのは何故か。

その答えは完全には分かりませんが、今、確実に言えることは、結局国境を越えて友達作ることが本当に、本当にすばらしい事だと思えるってことです。そこには理系だとか文系だとか、敷居は存在しません。
国籍はおろか人種やら宗教やら育ちやら、バックグランドの違う人間が、仲間として一緒に同じ事に笑い、同じことに悲しみ、同じことに一生懸命になる、そんな時間を過ごしていると、世界中の紛争や争いはいつか、いつになるかは分からないけど、いつか必ず、なくなると信じてみる気になれます。人間結局は同じなんだ、と。仲良くやれない訳がない。

「いつか国境消してやるぜ」

そんなことを冗談めかしながらも本気の目で言ってる仲間がいます。

普段だったら馬鹿かこいつはと思ってしまうような発言でも、この仲間達となら、とか思えてしまう日米学生会議です。

参加して、何にか分からないけど凄く安心しました。

最後の仕事、報告会が12月3日に行われます。
お暇な方、世界はかならず平和になると思いたい方々、いや別に暇でもないし平和もどうでもいいよって方も。
是非お越し下さい。


追伸:
国籍不明の団体に乗り込みたくて、今現在留学生の集まる国際寮にアシスタントとして住み込んでます。
シャイなチェコ人。ひたすらウイニングイレブンしてる中国人。超絶美人だけどちょっとシャイなグルジア人。ロシアから来た宇宙人。飲みすぎて寝ゲロしたカナダ人。好きな子の写真勝手に印刷して貼ってたらむちゃくちゃ怒られてへこんでたトルコ人。日本人彼女のところに毎週足しげく通って結婚までこぎつけたノルウェー人。実家から届いた袋入りトムヤムクンが「辛すぎる」とか言ってあわてて水飲んでたタイ人。何故か知らないが彼氏とラウンジでデュエット始めるミャンマー人。初めて作った料理を味見もせずに人に食わすインドネシア人。日本人に何故か英語で話しかけれらることが多い俺。

JASCで思った、誰とでも友達になれるって感覚、今の所間違ってはなさそうです。
page top
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。