• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 分科会 「多国籍企業とビジネスモデル」
ISO審査会社 「日本検査キューエイ株式会社」勉強会
DATE : 2006-07-24-Mon  Trackback 0  Comment 0
日本検査キューエイ株式会社 勉強会
テーマ「企業のあるべき姿とは? ~企業審査の視点から学ぶ~」
講師:日本検査キューエイ株式会社 取締役 丸山 陽司 氏
   日本検査キューエイ株式会社 企画部 理事 森 哲郎 氏

 去る7月7日(金)、七夕の午後、二時間半に渡って「多国籍企業とビジネスモデル」分科会のメンバーを中心にして日本検査キューエイ株式会社を訪問して、お話を伺いました。

 今回の勉強会の目的は、「多国籍企業とビジネスモデル」分科会が、今月末からのアメリカでの本会議を経て、提示したいTangible Resultの礎でもある「企業のあるべき姿」を学ぶことです。

 まず、丸山さんの話は企業のあり方に対する問題意識からはじまりました。企業にとって利益追求は当然ではあるが、本当にそれでいいのか。昨今の企業は目先の利益に走りすぎてはいなのか。だからこそ、ライブドアや村上ファンド、三菱自動車の問題が起こってしまっているのではないか、とのことでした。

 それでは、企業には何が必要か。つまり何を実現すれば「あるべき企業の姿に近づくことができるのか」という話が続きました。この問いについて、丸山さんは二つのことに焦点を絞って話されました。①本物であること。②透明であること。

 まず①の「本物であること。」についてです。品質保証規格のISO9000内では、それは「顧客要求事項を満たし、顧客満足を向上させること。」だそうです。しかしながら、近年、不祥事を起こした製造業の企業を例にあげると、工場にとっての顧客が、極端なことを言えば本社になってしまっていました。つまりは消費者に対して十分な意識が至っていなかったということです。やはり満足させるべきは本社でなく、顧客であることは明白です。従って、ここで重要なことは満足させる相手を明確にしていること、それが「本物である」必須事項だそうです。

 また、環境マネジメント規格のISO14001では、それはステークホルダー(利害関係者)を明確にしていることだそうです。この規格では、認可を受けている企業は、著しい環境側面(環境負荷)を減少させるための目標を立てて行動することを義務付けています。やはり、ステークホルダーが地域住民なのか、消費者なのか、それとも地球環境なのか、それらを含むすべてなのか明確にすることは大切だと思います。

 次に、②の「透明であること」についてです。認証(ISOなど)も透明であることを明示する一つの手段です。実際に、ISO規格内でも外部コミュニケーションをとることを促しています。また情報開示も重要な側面で、昨今では1000社程度がCSR(環境)報告書を発刊しています。企業の透明性はサステイナブルな企業づくりを維持していく上でも非常に大切なことになっていくはずです。

 これら上記二点を踏まえて、現在の日本企業の弱点も語っていただけました。それは起こってしまった間違いに対しての是正処置も大切だが、それよりも間違いは必ず起こることという認識を前提にして、対策の手順を立てておくことです。日本企業は「頑張っていれば問題は起きない」という錯覚に陥りがちで、このことを疎かにしがちな点は否めないとのことです。

 またこれまでは不祥事が起きれば、企業は徹底的にたたかれる世の中でした。しかしながら、昨今、しっかりとした対処が評価され、不祥事を起こした瞬間に有無を言わさずたたかれる時代ではなくなっています。不祥事を予防是正を踏まえ、いかに阻止するか、そして起こってしまったときにどう対処するか、企業のあり方を探る上で重要な視点だと思いました。

 さらに、「規格のあるべき姿」についてもお話頂けました。ISO等の規格取得において最も大事なこと、それは規格取得が内的イニシアティブのもとに取得されるべき、とのことでした。日本企業の多くは、公共事業の受注や親会社かの要求など、外的な要因で規格取得に至っているところが多くそれでは意味がない。つまり、ISOとういうマネジメントシステムを本業にメリットをもたらすものだと意識し、取得後もしっかりと実行に移していくことが大切だそうです。ISO9000であれば不良品を減らしコスト削減に、ISO14001では環境に良いものをつくり、リスクを減少させるということです。

 日本では、企業が右に倣えと言わんばかりにISOを取得していると言われている。しかしながら、今日のお話を聞いて、ISOを活かして企業がいかにして企業価値を高めていくかという問題に取り組みつつ、改善を行っている企業こそ、ISO取得という点から見ると、いい企業の条件のように感じました。また、企業は不祥事を起こしてしまう可能性があるということを必ず念頭に起き、それに対していかにスムーズを実行できるか、またしっかりとそれらが起こらないように予防できていたかも重要なことと感じました。考えてみれば企業も「法人」であり、いわゆる法的な人です。私たち市民自身も間違いが起きてしまった場合に、間違いを糾弾することに全力を注ぐマスコミに同調するだけではなく、それに対しての対策がどうなっているかも見極めて企業を評価しなければならないと考えました。

 また、企業のあり方というテーマからは少し主旨が異なるのですが、参加者から出た質問に対しての森さんの答えが非常に印象的でした。質問は「ISOなどの規格は基本的には欧米を中心につくられているようだけど、どうして日本は国際交渉の場で弱いのか。」というものです。

 それに対して、森さんはまず僕らに日米学生会議(以下JASC)は通訳はいるのかと問われた。JASCには通訳はいないし、公用語は英語になっていることを伝えると、それは駄目だよとのお答えだった。つまり、たとえ英語が話せても、主張すべきところはしっかり自国の文化的な背景を含んでいる日本語で伝えるべきで、特に二国間での会議ならば、尚更とのことでした。日本人は、昨今、自国の文化的な価値をしっかり自己評価できていないから、自国に客観的な評価を持てず、それが国際交渉の弱さの根幹にあるのではとのことです。

 確かに、僕自身もそれは感じます。ただ、現時点で学生会議の公用語を日本語と英語両方を規定することは難しいかもしれません。しかしながら、そうした主張を持っていること、そしてそれが主張できるほど、日本について知り、理解してから会議に臨むことはとても大切なことだと思いました。僕ら日米学生会議もやがては国際交渉を担う人が育ちうる場を提供できる存在であり続けるためにも。

 本日は、お忙しい中、お時間を頂き、「企業のあるべき姿」について、また多くの興味深いお話を聞くことができ非常に勉強になりました。ありがとうございました。

担当者:第58回日米学生会議実行委員会 山田裕一朗
スポンサーサイト
page top
日本郵船株式会社 勉強会
テーマ「海運会社の特性を活かしての社会貢献とは」
講師:日本郵船株式会社 広報グループ グループ長 永井 圭造 氏
   日本郵船株式会社 広報グループ コーポレート・シティズンシップ・オフィス チーム長 浜本 佳子 氏


 去る6月27日(火)に、「多国籍企業とビジネスモデル」分科会を中心として日本郵船を訪問し、勉強会を行った。

 テーマは「海運会社の特性を活かしての社会貢献とは」。私たちの分科会では、現在、本会議での分科会セッションにむけて、「企業のあるべき姿」を模索していくために、企業の社会貢献活動、パブリック・リレイションズ、マーケティング等に着目して勉強している。

 その中でも、今回は、本業を通して社会貢献活動を実施し、また実際にそれらの活動が社会やマスコミからも高い評価を受けている日本郵船株式会社に強い関心を抱き、上記の命題のヒントを、そして日本企業の目指しているものを理解し、アメリカでの実際の議論に活かそうと考え訪問させて頂いた。

 まず、お話は日本郵船の歴史からはじまった。参加者の顔には「なぜ歴史から?」という表情も浮かんでいたが、その答えは後になって分かる。日本郵船は、岩崎弥太郎氏が九十九商会として、起業して以来、渋沢栄一氏の共同運輸会社との合併も含め、120年以上の歴史を誇る。

 そして、2005年の創立120周年記念を機に、それまでも、もちろん社会貢献事業を実施していたが、社会貢献を専門に扱う部署の設置や記念事業としての社会貢献活動が大々的に行われた。まず、部署の設置はそれまで行ってきた、もしくはこれから実施する社会貢献事業が継続的に実施していくための社内的な枠組み作りとしての必要性から、作られたものだ。

 それは、日本郵船の広報グループ内に、コーポレート・シティズンシップ・オフィスとして設置された。ただ、そこには日本郵船の長年の歩みが反映されていた。戦前は、主に人を世界各国に送り届け、日本と世界をつないだ。その後、太平洋戦争で大打撃を受け、日本郵船の船は(日本郵船の船舶が商船にも関わらず、空母などとして使用された。)一隻の医療専門の船舶を残して沈没した。再出発した戦後は、加工貿易型で発展した日本経済を海運面から支えた。

 しかしながら、1990年代のバブル崩壊、その後の失われた10年を経て、日本経済が右肩上がりに成長し続けるという神話も過去のものとなり、企業はそれまで顧みなかった社会や地球環境といったステークホルダーにも積極的に目を向けるようになる。時代ともに企業に求められる事象も変遷している。だからこそ、歴史を知ることから、始まらなければならなかったのだ。「企業も市民と一緒だよね。」永井さんの言葉がすごく印象的だ。

 社会というステークホルダーに対して何ができるか。

 まず、注目すべきは社内に社会貢献活動を担う部署を設置したことだ。そこで最も大事にされていることは社員に対して、社会貢献活動を行う「場」を提供することだ。そしてこの「場」を提供することこそが、CSR等、昨今叫ばれるようになった言葉だけ目新しい概念に血を通わすこと、それをサステイナブルな存在にしていくことでもある。さらに、それは日本郵船の伝統的な社風をもう一度見つめ直す「場」を社員にもってもらうことにもつながり、やがて社内文化を形成していく。もちろんこうした活動は必ずしも財務諸表にあらわれる利益にはつながらないかもしれないが、後世に持続していく「良い」企業を創り上げていくためにはとても大切なことだと感じた。

 また、日本郵船は日本史の経験に裏付けられた背景、そして海運業を生業として多くの人や企業、国と協働してきたという歴史から、現在では海運業を活かした社会貢献活動を実施している。

 具体的には、地震や津波の被災地に緊急支援物資を送ること、また、アフガニスタンなど、途上国にランドセルを送る、日本国内で放置された自転車を送るなど活動を実施している。さらに、120周年記念事業として『「飛鳥」チャリテークルーズ』も行った。これは東京都内の里親を持つ子供達とその親を日本郵船の関係会社が所有する客船に招いて、子供たちと喜びや思い出を分かち合おうという事業だ。この事業には社内から約80名の当日ボランティアも募集された。上述した、社員に対して「場」を与える一環である。そして、この「場」はゆうせん読み聞かせ隊という新たな「場」が生まれるきっかけにもなったらしい。浜本さんも社内保育所の設置に尽力し、女性の働く「場」をつくりあげた。

一つの「場」が新しい「場」を生んでいく

 日本郵船を訪問して、僕自身、「理想的な企業とは?」という問に対して大きく二つのことを考えた。一つ目に、歴史、伝統がありそれらを活かして社会に価値となるものを生み出していくということの大切さだ。二つ目に、常にそれらの伝統をベースに新たな価値、その企業でしか生み出せない価値を模索し、挑戦し続けていくことである。

 そうした、伝統と活力を背景に社会全体をステークホルダーと捉え、事業を実施している企業。まさに理想的な、サステイナブルな企業ではないだろうか。

 今年の日米学生会議のテーマにも副題に「伝統への回帰と私たちの挑戦」というコトバが含まれている。伝統と挑戦、そして「場」。「理想的な企業」を模索していくときの重要なキーワードだと感じた。

 日本郵船のように、日米学生会議も社会に対して、サステイナブルに貢献していける存在であり続けたいと強く願う。

担当者:第58回日米学生会議実行委員 山田裕一朗


日本郵船勉強会にて

page top
企業の社会的責任。今や世界的な潮流となり、日本でも近年話題になり始めたCSRの概念。もはや21世紀の企業を取り巻く環境はCSR抜きには語れない時代を迎えつつある。
 

去る6月19日に宝酒造株式会社環境広報部環境課長の大豊様にお話を伺う機会をいただいた。宝酒造では昨年から緑字決算報告書を出す試みがあり、これまでの環境活動重視からCSR全般への移行を計っている企業だ。そのための様々な取り組みなどを伺った。
 

興味深かったのが、宝酒造がとてもオリジナリティのある活動をしていることだ。例えばまず、他の企業のCSR報告書にあたる緑字決算報告書。この緑字というのは、事業活動ではじき出される黒字、赤字とは別に環境に対して貢献できた度合いを、ECOという宝酒造オリジナルの単位で換算し分かりやすく表示したものである。これにより、今まで専門的すぎて分かりづらかった環境報告書が、とても分かりやすいCSR報告書に生まれ変わっている。


そして、この報告書のもう一つの特徴はCSRという言葉が出てこないことだ。今どの企業もCSRという言葉をアピールしている中、宝酒造はあえてこの言葉を使っていない。というのも宝酒造にはまだCSRの定義がないのだ。私は今回の訪問に行くまで、CSRの定義をきちんとしておくべきで、それから何らかの活動をするべきだと思っていた。しかし、お話を聞くにつれ、必ずしもそのような必要性があるとは感じられなくなった。宝酒造は、日本でいうCSR元年のそれより何十年も前から様々な社会貢献活動を、マーケティング戦略の一環として効果的に取り入れている。自社のイメージアップ、売り上げ増加のために、カムバックサーモンキャンペーンや北海道ホタル計画など様々なユニークなプロジェクトに取り組み、効果的な宣伝を含めた事業活動を展開してきた。それらの活動による事業へのフィードバックもあった、と大豊氏はおっしゃる。宝酒造を身近に感じてもらいたい、その気持ちが多くのプロジェクトにつながっているように思う。宝酒造はこのような活動を蓄積してきた企業であり、それがCSRという言葉で置き換わったに過ぎないのだ。だからこそ今から新しくCSRの定義を作る必要性があるのか、という活発な議論が社内でなされている。まさに自分たちらしい活動を模索しているように感じた。


昨今CSRという言葉ばかりが先行してしまい、中身の伴わないCSRが存在することは否めない。名ばかりのCSRであっては、本末転倒である。そんな中、たとえ他社の動きとは違っていても、独自の事業展開をされている宝酒造の方針は、私の目にとても魅力的に映った。社会貢献活動は今までしてきたことなのだ。それを今新しくCSRという言葉ができたことで皆がとまどっている。たしかに、聞きなれない3文字のアルファベットは少し馴染みにくいものかもしれない。そしてこのCSRには確固たる定義やマニュアルは存在しない。今多くの企業が試行錯誤しながら手探りを続けている。そもそもCSRの概念は、社会的影響力の大きい企業が、市民社会に悪影響を与えることなく健全に事業活動を行い、そして社会に良いインパクトを与えうる企業を目指そうというものではないだろうか。本業を充実させ、顧客や消費者を満足させ、社会をも満足させ、そして従業員を大切にする。そのような企業の姿勢そのものがCSRであり、CSRという言葉は最重要というわけではないのだ。そのことに改めて気付いた。まさに、はやりものではないほんもののCSRを追求している企業だと思った。京都という伝統的企業風土のある地で着実に良い仕事をしている企業だと思った。
 

最後に、大豊様がこの訪問を実現させてくださったこと、そしてお忙しい中、お時間を頂いたことに心から感謝しております。


担当者:第58回日米学生会議参加者 尾田 亜沙美


PICT0274.jpg

page top
今回は、山田自身が所属している京都のCSR研究会に参加した時のレポートです。


テーマは大手家電メーカーのCSR室長の方のプレゼンテーションでした。

特に強調しておられた点で、かつCSRをうまく表現していると山田が強く感じたてんについてです。

CSRとは!?
・守りのCSR
・本業内での攻めのCSR
・本業外での攻めのCSR

一つ目のCSRとは、なんといっても最近、ライブドアショックが日本国内を震撼させていますが、まさにそういった不祥事を起こさないためのCSR。つまり、コーポレートガバナンスなどに注力していくことです。また、具体的には企業内での内部監査の充実や日本語、英語はもちろん、中国語でも企業倫理に関するハンドブックを制作しているとのことでした。

二つ目のCSRとは、本業内、特に家電製品を世に送り出すにあたっての企業の目指すべきCSRです。つまりは、進んだ技術でお客様の利便性を高めること、またサポート体制の強化や省エネ製品の充実だそうです。

三つ目のCSRとは、一般的にこれもイメージしやすいのですが、基本的には企業の社会貢献、特にメセナやフィランソロピーと呼ばれる、地域ネットワークや芸術活動への企業の支援にことを言います。

ただし、特に強調しておられたのは、これは企業倫理にしてもCSR関係にしても、しばしば企業の方がよくおっしゃっていることなのですが、CSR報告書などにまとめられているようなこれらのことはもともと特に日本企業がやってきたことであることが多いとのことです。

確かに、日本は高度成長期の公害問題深刻化以来、特に環境問題対策を中心に企業社会貢献活動というのは盛んになってきていています。しかし、同時に日本人の特徴というか、いいことをやっているんだと社会に発信していくのは、欧米企業に比べてあまりと得意分野ではないようです。また、あまりCSR活動などをひけらかすことは、美徳ともされてこなかったようです。

また、もう一点面白かったことですが、この家電メーカーが経済誌のCSRランキングに載った際に、調査時期に関しては、そんなに大差ないにもかかわらず、一方は20位前後の上位で、一方は90位前後であったそうです。経済誌もどっちを信じていいか分からないものだと考えさせられました。


今回のプレゼンに関する議論の中で特に興味深かったのが、ある企業の方がおっしゃっていた点で、一つ目の「守りのCSR」というのは、企業が重視するのは当たり前のことでCSRというよりはむしろCR(=cooperate responsibility)、企業責任ではないかと言っていました。確かに。

しかも、「守りのCSR」中心の監視ばかりがCSRだとなってしまうと、CSR担当者=風紀委員のようで、「楽しいCSR」とは程遠くなってしまうのではとのこと。確かにCSRとCRを明確に区別していくべきというのはとても面白い意見だと思いました。

また、二つ目の「本業内での攻めのCSR」こそ、今後もっと重視されていくべき観点だという意見が最も多かったです。

CSRの定義。今後、どのように変遷していくか、とても興味深い議論のポイントだと強く感じました。


 担当者:山田 裕一朗
page top
 実行委員の山田です。
 関西ですが、自分の通う大学でCSRセミナーがあるのでご紹介します。
 
 ちなみに、なんとコーディネーターの島本 晴一郎 先生は日米学生会議のOBとのこと。
 
 ぜひ、ご参加下さい。

==========イベント紹介 転送歓迎!==========

【 CSR講演会 世界を動かすチカラ -企業 NPO 学生ができること-】

  「社会変革のアプローチ」
  
 CSRとは、Corporate Social Responsibilityの略で、日本語では「企業の社会的責任」と言われています。
   
 昨今では多くの企業がこのCSRというフレーズのもと社会貢献を行い、今や企業はCSRなしでは生き残れないと言われています。
   
 この講演会では、企業からのCSR、NPO、社会起業家という社会変革を行おうとする様々な立場の方々をお招きすることで、多様な視点でCSR、社会変革を論じてもらい、様々な社会との関わり方を考える機会になると思います。
  
 また学生にとっては、就職活動などでの新たな企業を見る視点としてCSRを発見する機会になり、大学だけでは学べない社会性を身につけることを考えるきっかけになると思います。 CSRの第一線で活躍されている企業の方々の話から、現在、社会から求められている人物像とは何かを考えてみませんか。


■参加企業様(パネリストの方々)
 (株)ワコール 社長室長CSR推進部長 桂 一郎氏
 (株)堀場製作所 管理本部副本部長 山下 泰生氏
 ダイキン工業(株)CSR室 CSR担当課長 杉島 理氏


■日時・場所

日時:11月27日
 同志社大学の学園祭期間中です、学園祭とあわせてお越しください!

開場:午後12時30分 開演:午後13時00分 終了予定:午後16時00分

場所:同志社大学今出川キャンパス
    明徳館21教室にて
交通:京都市営地下鉄烏丸線今出川駅
    3番出口おりて北に徒歩1分
    明徳館は西門より少し入って右側にある建物です。
              
    ※大学構内地図は下記HPよりご確認下さい。
 http://www.doshisha.ac.jp/daigaku/campus/non_imade/index.html 

■内容

  Ⅰ部 基調講演 「CSRと社会起業家」
     講師 京都文教大学 島本 晴一郎氏

   現在世界中で注目を集めている「CSR=企業の社会的責任」
   という概念の説明、及びそれらを考えることの必要性、また
   それに関連した、社会問題の解決に注力した起業活動、企業
   経営を行う「社会起業家」についての講演をして頂きます。
          
  Ⅱ部 パネルディスカッション 
     「各団体の社会的責任行動と学生の意見」
               
     コーディネーター 島本 晴一郎氏
     パネリスト (株)ワコール 桂 一郎氏
     (株)堀場製作所 山下 泰生氏
     ダイキン工業(株) 杉島 理氏
     きょうとNPOセンター 藤野 正弘氏
     同志社大学ビジネススクール2回生 金田 真由子さん

 実際に企業の方々もお招きして実際の企業のCSR活動について
     お話を伺います。また、社会問題にフォーカスした活動を
     行っておられるNPOの方の活動についてもお話を伺います。
     学生の方もお呼びし、学生の視点からのCSRについての捉え方
     また学生のうちになすべきことについて意見を伺います。

■お問い合わせ
当企画についてご質問等ありましたら、こちらまでご連絡下さい。
aiesec_csr2005@yahoo.co.jp
代表 鶴本 崇

■主催
特定非営利活動法人 アイセック・ジャパン会員団体
アイセック同志社大学委員会

================================
page top
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。