• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
【国家ブランディング】、【パブリックディプロマシー】、【ソフトパワー】、【イメージ戦略】などのキーワードに興味がある方へ、講演会のお知らせです!! ↓

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
第58回日米学生会議
National Identity and International Perceptions分科会
勉強会のお知らせ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【テーマ】「アメリカは日本で広報文化外交する必要があるのか?
    -いかにして若者を引き付けることができるのか-」



【日時】6月27日(火)18時~19時半

【場所】東京アメリカンセンター
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3 ABC会館10階
Tel: 03-3436-0904
Fax: 03-3436-0900
http://tokyo.usembassy.gov/j/amc/tamcj-locations.html

【パネルディスカッションおよび質疑応答】
パネリスト:米国大使館広報担当公使 William M. Morgan氏
        慶應義塾大学環境情報学部教授 渡辺靖氏
        第58回日米学生会議参加者 佐藤友紀
モデレーター:第58回日米学生会議実行委員 生板沙織

【使用言語】英語

定員に人数が限られていますため、参加ご希望の方は、お手数ですが当分科会兼勉強会の責任者、生板沙織までご連絡くださいませ。
※なお、セキュリティ上の理由により、事前にお申込なき場合は入場をお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Eメールアドレス:SNamaita_JASC58@hotmail.com

皆様のご参加を心よりお待ちしております。


第58回日米学生会議実行委員
National Identity and International Perceptions分科会責任者
慶應義塾大学総合政策学部3年
生板 沙織
スポンサーサイト
page top
こんばんは☆実行委員の生板です。みなさん、一次書類は本当にお疲れ様でした!!国松ど同じ気持ちで、早くみなさんにお会いしたと思っています^^

ところで、早速ですがまたお誘いです。今回はブリティッシュ・カウンシルから、「国家ブランド」についてです。外交RTを志望された方へお勧めです☆(以下転送↓)

*****

英国大学教授による体験講義アカデミックレクチャーの11回目となる今回は、「ブランディング」 をとりあげます。今回のテーマである「国のブランド化 - その手法」では、「国」のブランド化を学問として検証していきます。英国で行われる授業を体験する絶好の機会ですので、ぜひご参加ください。また留学を考えている方にとってもよい機会となるでしょう。

テーマ:「国のブランド化 - その手法
Countries as Brands: values, strategies and history」
講師:英国国立ウェールズ大学トリニティ・カレッジ・カーマーゼン    マーカス・リーニング氏
http://origin-www.britishcouncil.org/jp/japan-educationuk-events-academiclecture.htm#academiclecturetop

日時:3月13日(月) 18:00-20:00
会場:ブリティッシュ・カウンシル東京
東京都新宿区神楽坂1-2(飯田橋駅より徒歩3分)

講義の概要:
それぞれの国に、さまざまな価値やイメージを連想することがあります。それは「国」というものがある種のブランドとして確立されているからでしょうか?このレクチャーではどのような国においてそのようなブランド化が行われており、どのようにして確立されていったのかを学問として検証していきます。

What values and ideas do we associate with particular countries? Do countries have much say in how they are perceived and has it always been this way? This lecture will explore the ways in which countries can be considered as brands in their own right, how such brands are established and maintained and how such a situation arose.

*講義は英語で行います。英語の理解力がある方、英国留学を考えている方、講義内容に興味のある方を主対象としておりますが、どなたでもご参加いただけます。

予約・お問い合わせ

この体験講義は無料・要予約です。参加を希望される方は、講義名、日時、お名前、電話番号をメール、または、電話にてご予約ください。メールにて予約される場合、予約確認のメールは送っておりません。日時の変更、定員に達している場合に限りこちらよりご連絡いたします。また、英国留学のご質問は電話、またはメールで受け付けていますので、
お気軽にお問い合わせください。


東京:
E-mail: educationuk.tokyo@britishcouncil.or.jp
Tel: 03-3235-8031 (Monday-Friday: 13:30-17:00)

ブリティッシュ・カウンシル
教育プロモーション・アシスタントマネージャー
斉田智明

Tomoaki Saida
Assistant Education Promotion Manager/Events
The British Council Japan

Tel +81 (0)3 3235 8284 (direct)
Tel +81 (0)3 3235 8031
Fax  + 81 (0)3 3235 8040

*****

私はこの日、二次選考のために京都にいるので、行くことができませんが、もし行かれる方がいらっしゃったら、是非感想を聞かせてください!
page top
実行委員の生板です。
今年もインフルエンザが大流行していますが、試験期間中はとくに健康管理に気をつけてくださいね!

さて、今回は、私の自己紹介をさせていただきたいと思います☆

まず、私は「外交と国家ブランディング(National Identity and International Perceptions)」の分科会リーダーをさせていただきます。

現在大学3年生で(9月入学なので、4年生になるまでもう少し時間がある)、米国の対日広報外交について研究しています。大学に入学するまではアメリカ(とカナダ)にいたので、日本はとても新鮮な感じがします。去年の日本開催のJASCは日本を知らない私にとって、とても意味のある経験でした。みなさんの中には、きっとアメリカに長年住んでいらした方もいらっしゃると思いますが、今回は、オークラホーマ州(本土のど真ん中にある南部の州)も訪れるので、新しい発見がきっとある
と思います★☆私は、個人的にオークラホーマ州に期待しています(笑)。

大学に入学するまでは、ピアノを中心とした生活を送っていたので、今でもピアノは大好き♪時間があるときやお休みの日には、ショッピングしたりカフェでお茶を飲んだり、お散歩やストレッチをするのが好きです(*^^*)好きな色はピンクで、食べ物はイタリアンとフルーツ~あ、小学生みたいな自己紹介になってきてしまいました(笑)。でも、まじめな話ですが、私はアメリカが大好きです!!

さて、先週の月曜日(1月23日)に米国大使館で、クラウチ国家安全保障担当・大統領次席補佐官にお会いしてきました!!それはもう、ダンディーで知的で、紳士で感じが良くて、どきどきしてしまいました>< クラウチ博士は、安全保障と中央アジア、東ヨーロッパを専門とされていますが、日米同盟から中国の台頭まで、さまざまな分野に渡ってお話してくださいました。自分の研究テーマでもあるアメリカのパブリック・ディプロマシーについて伺ってみたところ、ホワイトハウスと国務省の意見の相違が見られて大変興味深い時間でした。
★クラウチ博士のプロフィール→http://www.whitehouse.gov/nsc/jdcrouch-bio.html
★"Ask the White House"→http://www.whitehouse.gov/ask/20051006.html

既にご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、東京アメリカンセンターでは、毎月「現代アメリカ基礎講座」が開講されています。アメリカの政治、経済、安全保障、音楽、司法システム、生活、文化、教育などのフィールドについてとても魅力的な方々が講演なさるので、是非一度行ってみて下さい(*^^*)

*****

今日から、一次の応募が始まりました!早くみなさんにお会いしたいです♪きっと楽しい会議になることを私は今から確信しています☆みなさんのご応募を実行委員一同、心よりお待ちしています!!

すばらしい春休みを♪♪
PS 春が待ち遠しく、デザインを空模様に変えてみました。
page top
初めまして!「外交と国家ブランディング(National Identity and International Perceptions)」のリーダーを務めさせていただきます、生板沙織と申します。

・・・と、まずは自己紹介をしたいところですが、その前に!メディアに関するイベントのお知らせです☆12月3日(土)に行われるので、早く皆様にお知らせしたかったので、ここで告知させていただきます^^

私も当日行きます(というか、働かされます・・・)!JASC応募しても良いかなぁ、でもどんな人が実行委員やってるんだろう?メディアに興味がある!方など、どうぞお越し下さい。もしいらっしゃったら、「ナマイタ」という珍しい名の女の子を見つけ、声を掛けてみてくださいね♪

以下、招待状です。

*****************************************************************
NPOメディア検証機構5周年記念

『テレビメディアをみんなで考える』のご案内


 NPOメディア検証機構(http://www.imr.or.jp/)は、今年で設立5周年を迎えました。この機会に、標記の提言発表+格付け試写会+シンポジウムの3本立てで、『テレビメディアをみんなで考える』機会を設ける予定です。

 公的なメディア・ライブラリーの設置など、よりよきテレビ報道の実現に向けてメディア・インフラの整備を訴えると共に、参加者と一緒に考える試みです。


 日時:平成17年12月3日(土)13:00~17:00

 会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館8階G-SECホール
    (港区三田)

 構成:第一部 提言発表
    「よりよきテレビ報道の実現のために
       ~急がれるメディア・インフラの整備~」

    発表者:メディア検証機構(草野厚、碓井広義、小野塚征志)


    第二部 格付け試写会
    「テレビ番組をみんなでみる
       -格付け評価を体験してみよう-」


    第三部 シンポジウム
    「テレビメディアをみんなで考える」

    モデレータ:碓井広義(千歳科学技術大学助教授)

    パネリスト:坂本 衛(ジャーナリスト/前「GALAC」
           編集長)

          下村健一(TVキャスター)

          福山哲郎(参議院議員)
  
          草野 厚(慶應義塾大学教授)



参加費:無料(メディア検証事務局長にメールでお申し込みください。
        会場の都合上、先着100名となりますので、ご了承下ださい)


●メディア検証機構事務局長●

樋口隆俊 Takatoshi HIGUCHI

s02721th@sfc.keio.ac.jp
*****************************************************************

皆様を心よりお待ちしております。
page top
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。