• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
JASC BLOG
第58回日米学生会議 ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
こんにちは!JASC開発分科会の長崎智裕です。遅れてしまいましたが、6/14
(水)に私たちの分科会が行ったHIV/AIDSに関する勉強会の報告をさせていただきま
す。

先日御徒町の丸幸ビルで行われた勉強会では、
アフリカ日本協議会(AJF)の稲場雅紀さんと、
国際保健協力市民の会(シェア)の山口誠史さんを講師に迎え、日米学生会議のメンバー8人と、オックスファム・ジャパンのメンバー9人が集まりました。
今回は講師のお二人からHIV/AIDSに関して主に市民社会の視点からお話を伺いまし
た。近年深刻化するHIV/AIDS問題へは企業や国家、または国際機関からの働きかけと
同時に、NGOなどの市民社会からのアクターの担う役割が重要なものとなってきています。

始めに、稲場さんからは「エイズの歴史」をテーマに、クイズを交えてHIV/AIDSが初めて社会的に認知された1981年を発端として始まったアメリカにおける社会運動について講義を受けました。HIV/AIDSというとアフリカなど途上国での問題と捉えられが
ちですが、まずは問題のルーツとなるアメリカでの当時の状況を解説いただいたことで、よりHIV/AIDS問題への理解を深めることが出来ました。発見された当初、感染者の全員がゲイであったために、「ゲイの病気」として社会から偏見を受けたことがその後の対策の遅れにつながったことなど、とても興味深い事実に触れることが出来ました。

その後、アフリカでのHIV/AIDS問題について稲場さんに概観をお話していただきまし
た。HIV/AIDS対策の成功例としてウガンダでのケースについて報告を受け、この問題への有効な対策方法を考える上で多くの示唆をいただきました。草の根の活動から政府による積極的な支援まで、HIV/AIDS対策は「あらゆる領域」で、「包括的」に行うことの必要性を感じました。

山口さんからもクイズを交えながら、シェアの行っている南アフリカでのプロジェクトについてお話を伺いました。現地でのパートナー団体と共にどのような活動を展開しているかのお話を聞くことで、草の根の活動の重要性や難しさを感じることが出来ました。特に印象に残ったこととして、先進国のNGOが途上国で活動する場合、現地のパートナー団体の能力強化を行うことが重要だということでした。いずれ現地を離れていってしまう先進国からの協力に頼るのではなく、自分たちの手で問題に対処する力を途上国の人々がつけることが、本当の問題解決へつながるのだと考えました。


およそ2時間の集中した講義を受けた後に行われた質疑応答では、予定時間を過ぎてしまうほど参加者と講師の間で活発な意見交換がなされました。充実した内容の勉強会になったとともに、開発分科会の目指す「開発のグローバル・フレームワーク」に関しても勉強会を通して多くの示唆を得ることが出来たと感じます。

ご協力いただいた講師のお二人と、参加者のみなさんに感謝します。
スポンサーサイト
page top
CATEGORY : 分科会 「開発:貧困と発展」
厚生労働省 国際協力室長 金井要先生 訪問
DATE : 2006-06-14-Wed  Trackback 0  Comment 1
こんにちは、開発分科会コーディネーターの国松です。
当分科会は去る6月5日に
厚生労働省 国際協力室長の金井 要 先生を訪問し、「国際医療協力」と「災害時の緊急支援」について、先生の実体験を交えたお話をうかがってきました。
開発分科会メンバーである岐阜大学・医学部3年の安田 立 君に勉強会の様子をレポートしてもらいます。


去る6月5日(月)、我々開発分科会は厚生労働省を訪れ、国際協力室長の金井要先生に「国際医療協力」、「災害時の緊急支援」について教えて頂いた。国際医療協力に関しては、特に援助のプロセスに焦点を当てて話が進められた。
 大まかに言えば、まず相手国からの要求があり(案件の成立)、次に事前調査、概要設計、詳細設計、案件の成立という流れになる。援助というものを飛行機に例えるならば、飛行機(途上国)が離陸する(自立する)ための滑走路を引くのが先進国の役割である。期待通り、飛行機が離陸してくれればいいのだが、そうならないケースも多い。飛行機がまだ離陸する速度に達していないから、継続して滑走路を延ばし続け、それがいつまでも終わらないわけである。ある国で医療スタッフを育てても、収入のいい第三国に引き抜かれ、結局母国の医療水準改善に繋がらなかったケースもあれば、首都に大規模な病院を建てて、それを皮切りに地方の医療も充実させていこうという思惑が外れ、地方から首都に医師が集まり過ぎ、地方の医療が衰退するケースもある。こういった問題を解決する特効薬は無いが、自分の意見としては案件を練る段階で、相手政府とより深くコミュニケーションを図り、予測される事態に対して万全の準備をするということが求められると思う。もちろん言うは易しで、多くの途上国では人口の統計すら整っておらず、どのくらいの物資が必要なのか正確に把握できなかったり、相手国政府から要求はあってもアイディアを出す力に欠けていたりと、一筋縄にいくものではないことは承知している。そこをこれからじっくり考えていきたい。
 最後に、我々のRTの目的の一つとして「貧困解決のために政府や国際機関、NGO等の市民団体、といった各アクターがどのように連携していくべきかを探る」というテーマが挙げられている。これについて、金井先生に質問してみたところ、それはケース・バイ・ケースなので、一般化して言うことは難しいというお答えを頂いた。今回の勉強会ではかなりの知識を得たが、目指すべき方向性についてはまだまだ議論の余地があることを実感した。まだまだ自分達のビジョンは漠然としているが、それでもRT全体として一歩一歩前に進んでいると皆感じているので、これからも批判、アドバイスをしてもらいつつ温かい眼差しで見守って頂ければと思う。そして何よりも、忙しい時間を割いて貴重なお話をして頂いた金井先生に心から感謝したい。
安田 立


金井 先生、お忙しい中お時間をいただき、我々学生にはなかなか得ることができない現場の様子をお話いただきありがとうございました。

日米学生会議は、学生による企画・運営事業ですが、たくさんの方々に支えられて事業が成り立っております。これからも感謝の気持ちを忘れずに、より多くの学生の人生にとって有意義な経験となるよう準備活動に精進して参りますので、ご支援、ご指導よろしくお願いいたします。
国松 永喜
page top
みなさん、こんばんわ。
開発:貧困と発展分科会の国松です。

今日は経団連会館で開催された“グリーン購入ネットワーク10周年記念フォーラム”に参加してきました。

グリーン購入ネットワークは1996年に加盟73団体でスタートし、現在では2900近い団体が加盟している日本最大の環境団体らしいです。
毎年、先進的な環境活動をしている企業・行政・NPOなどを表彰し、今回で10周年を迎えました。

“グリーン購入を起点とする『エコ・レボリューション』によって『持続可能な生産と消費』をつくること”をミッションに、誰もが身近で簡単にエコプロダクツが購入できるグリーン市場を創出することに貢献してきました。

会場には小池 百合子 環境大臣もお見えで、持続可能な社会を創るための“環境と経済の好循環”の必要性を繰り返しお話しておりました。

やはりいくら環境が大切だとは言っても、活動が大きな負担となるならばその活動そのものが持続可能ではないですよね。

それは貧困問題に対するアプローチでも同じだと個人的には思っています。開発関係の仕事につかない限り、「かわいそう」「何とかしたい」という想いだけでは、たとえ数年間は頑張れることができても、やはりどこかで息切れをしてしまうのではないでしょうか。
不謹慎な言い方もしれませんが、もっと楽しく、もっと簡単に誰もが貧困問題に関わっていける仕組みを創ることが必要なのだと思います。
そのためには消費者に対しても何らかのインセンティブが必要です。
そのようなことを考えている今日この頃です。

足りない頭で一生懸命考えて煮詰まっておりますので、早くJASC参加者の皆さんの知恵をお借りしたいと思っております。
page top
Copyright © 2005 JASC BLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。